×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


自主映画製作集団GENBU映像(玄武映像)は、2008年4月に
「我々が共有する映像・映画の知識を何か製作という形で昇華できないだろうか」
と思案した昴流・古谷両人を中心に設立された自主制作団体です。
現在、首都圏を中心に活動しています。





昴流(Subaru)

 大学ではSF研究会に在籍。8ミリフィルムカメラのよる実験映像制作を始めとして、当時主流になりつつあったVHSビデオカメラを担いでドキュメンタ リー映像を撮り始める。
 2001年、豪州メルボルンの大学でアニメを制作、アニメフェスティバル等に出品。さらに友人のminiDV機を借りてパロディ CMやお祝い・見送りビデオなどを制作。その後、日本文化の一つとして漫画コースを開講し、地元新聞や日本文化展示会などでプレゼンする。多くの生徒が卒業するとともに、現地の公立学校でも広く講演を行う 。

  2003年からTV・CM等に出演、Webメディアで編集等をする傍らセミナー開催。講演、取材と飛び回っている。




古谷 経衡(Furuya Tsunehira)

 1982年生まれ。高校時代にS・キューブリック監督に感銘を受け、映像映画の世界に魅了される。大学で歴史学を専攻する傍ら、元来よりの映像製作への熱意は冷め遣らず、2002年ビジュアルアーツ大阪(旧大阪写真専門学校)放送映画学科入学。映像製作の基礎を学ぶ。その後、ビデオ撮影助手、WEBデザインや通販事業などを経て、大学を7年かかって卒業する。
 
2008年より関東居住。映像製作に対する姿勢は、「自分の撮りたいものと他人の見たいものは違うかも知れない」という事を常に意識し続けること。

 人生の師として村上龍先生を勝手に仰ぐ。本サイトの運営管理人。




玄武映像へのご感想・ご意見・ご連絡等およびWEBサイトに関してのご連絡等は
下記のメールアドレスよりお願いいたします。

E-mail genbu_movie★yahoo.co.jp ★を@に変換して送信をお願いします。